Livリヴ × Renovation【No.3】

マンションをリノベーションして始まる、新しい暮らし。
Liv × Renovation【No.3】


■リヴの家 みんなで考える 住まいのカタチ
いま、誰もが消費社会を見直しはじめています。
使えるものを活用し、新しい価値を生み出すのはとても創造的な行為。
愛着を持って長く住みつないでいくことが
これからの日本のスタンダードになってほしいと思います。


ファイル 57-6.jpg

私たちLivでは、戸建てやマンションなどのリノベーション工事を行います。
このノートには、「家が欲しい」と思われたお客様との打合せメモや、工事現場レポートとして作成してみました。
お施主様への「現場日記」として、またこれから「リノベーションをしたい」方への読物として、ご覧頂けると幸いです。


「リビング・ダイニングを広く使いたい。」
お客様からのご要望でした。明日から始まるマンションのリビング・ダイニングと、洋室の「間仕切り壁」撤去のリノベーション。

ビフォー → アフターを紹介いたします。

さあ!始まりです。マンションをリノベーションして始まる、新しい暮らし。


【工事内容】
〈LDK ~ 洋室 間仕切壁撤去〉
・間仕切り解体工事・壁下地補修工事・電気配線切回・クロス工事
【工事期間】約5日
【マンション床面積】62.46m2
【リフォーム総額】166,000円(税込)

この壁とドアを撤去し、壁・床を仕上げていきます。イメージ通りの「広いリビング・ダイニング」にリノベーション!開始!!


ファイル 57-2.jpg

■2013/2/27WED マンションリノベーション工事開始!

床にキズが付かないように、しっかりと養生をして先ずは、間仕切り壁の解体工事。

ファイル 57-1.jpg


手際よく、解体していきます。


おっと!電気の配線も移動ですね。


ファイル 57-3.jpg


次に、壁の下地の柱材(間柱)、LGS(軽量鉄骨)を外していきます。
加工性にすぐれたLGS(軽量鉄骨)は、軽くて丈夫な壁下地材として一般に多くの建物で使用されています。


ファイル 57-4.jpg


再び、下地を造作して、壁を張り、床の仕上げ工事を行い完成です。


ファイル 57-5.jpg


LDKを中心とした暮らしかたに今、注目が集まっています。LDKでお子様が宿題をして夕飯の支度をしながら、コミュニケーションを図っていったり、一戸建てでもリビングに階段を設けて、家族の気配を感じ取れる間取りも人気があるようです。「自分たちの個性を発揮したい」「家族とのコミュニケーションをもっと図りたい」新しい生活のスタートで皆目的が違いますが、住まいを通じて暮らしを豊かにしていくということには変わりはありません。私たちリヴでは、暮らしを豊かにするノウハウを地元地域の方々と共有し、学び、成長できるよう目指しています。

4月には暮らし+カフェのリヴ構想の一つ、カフェ スマイル+もオープンします。コミュニケーションカフェスタイルのお店です。お気軽にご利用ください。
以上、マンションをリノベーションして始まる「新しい暮らし日記」No.3終了です。

担当:鎌田(かまた)


▼「住まい」の困った!どうしよう!?
リフォーム工事、注文住宅、ごみの処分、植木の伐採、お気軽にご相談ください。
あれから、10年。戸建て点検レポート【No.1】はこちらから
http://livsoka.com/liv_ie/blog/archives/42.html
電話:048-923-0021
メール:sakasai@century21soka.com
 担当:坂斉(さかさい)